TOP > ソフトウェア事業部 > 技術資料 >

I-FAASTとファイルの再配置について


I-FAASTとファイルの再配置について

Michael Materie (Diskeeper Corporation)

I-FAAST (Intelligent File Access Acceleration Sequencing) は、2006年に Diskeeper 10 がリリースされて以来、各種メディア、企業ユーザーの皆様、ヘビーユーザーの方々から大いに注目されてきました。私は折りに触れて、技術関連フォーラムやブログに目を通し、当社製品に対する皆様のご意見や新しいアイデアを拝見しているのですが、そこで私は I-FAAST が動作する仕組みについて多くの質問を目にしました。今回は I-FAAST の動作を分かりやすく説明します。

I-FAAST はファイルシステムのパフォーマンスを正確に評価します。しかし、キャッシングなどの問題が適切に処理されないと評価結果が不正確になるため、パフォーマンスを正確に評価することはそれほど単純ではありません。ここでは詳しい説明は省きますが、システムパフォーマンスの評価は非常に複雑なプロセスを辿ります。

次に I-FAAST はファイルの使用頻度を決定します。ファイルの属性(作成日時、最終更新日時、最終アクセス日時)を単純に記憶するアプリケーションは、ファイルの使用履歴を残すだけです。I-FAAST の動作を考えるうえで、ファイルの使用頻度はとても重要です。ファイルの属性だけを参照しても、データが次にどのように使用されるか正確に予測できないからです。つまり、単純な推測に基づいてデータを再配置しても、大幅なパフォーマンス改善は期待できません。

I-FAAST はファイルの使用状況をバックグラウンドで監視し、ファイルの使用頻度を決定します。システムの各ボリュームに隠しファイル 2本を作成して、使用頻度を記録しています。注意深く観察すると、I-FAAST がファイルの使用状況を学習するにつれて、隠しファイルが定期的に更新されることが分かります。これは、ファイルシステムの変化に対応した I-FAAST のインテリジェントな動作です。

データはホットとコールドフェーズを遷移し、最終的に未使用状態となり、アーカイブされます。そのため、ファイルの使用頻度を監視することはとても重要です。また、アーカイブされたファイルに対するアクセスが活発化することもあります。

I-FAAST はファイルの使用頻度を決定する高度なアルゴリズムを備えていますが、使用状況を完全に記録するまでは、「最終アクセス日時」を使用します。ファイルの使用状況が正確に分からないとファイルを最適に配置できないため、I-FAAST はパフォーマンス改善率の予測値と実測値を表示します。 I-FAAST はファイルシステムの使用状況が変わると、それに応じて最適な再配置オプションが採用されるため、改善率も状況に応じて変わります。しかし改善率は基本的に大きく変化しません。実際の改善率が 20% と表示された場合、実際に変化する範囲は ±2% 程度です。改善率の変化は、I-FAAST がファイルシステムの変化に対応している結果です。

たとえば、既存のデータが更新される頻度よりも新しいファイルが作成される頻度が高ければ、I-FAAST はファイル再配置オプションを調整します。逆に、新しいファイルに対する書き込みよりも既存のデータを読み取る頻度が高いと、I-FAAST は書き込みよりも読み取りのスピードを重視します。しかし、新しいファイルの書き込み回数が増えれば、それに応じて動作を調整します。こうした動作は、ファイルグループや空き領域が時間の経過ととともに変化することからも分かります。

I-FAAST ジョブは、すでに説明したように、監視したデータの使用パターンに基づいて専用のアルゴリズムを実行します。
デフラグは継続的に実行することが大切です。連続していないファイルをデフラグすると、連続したファイルが断片化された場合に比べてパフォーマンスは基本的に向上します。「基本的」と言ったのは、ここでは、ファイルを 2本のシリンダに分割せずに、1本のシリンダに格納されたファイルをデフラグするという理論的な前提に立っているからです。ドライブを実際にデフラグする場合は、遅延時間、シリンダやヘッドスキュー、インターリブなどを考慮しなければなりませんが、今回のテーマから外れるため、ここでは説明を省きます。

いずれにしても、デフラグは継続的に実行することが大切です。Diskeeper に搭載されたデフラグエンジンは I-FAAST アプリケーションを認識するため、デフラグを実行しても、特殊なファイルも含めてファイル配置は維持されます。

I-FAAST と同じような製品はないか、とよく質問されます。率直に言って、I-FAAST に匹敵する機能を備えた製品は他にありません。強いて言えば、Window XP 標準のブートファイルの最適化と再配置技術が近いでしょう。しかし、この機能は Diskeeper Corporation が Microsoft と協力して開発しています。Windows XP に採用された機能は、I-FAAST と比べるとその目的と使用範囲に大きな差があります。実効性については、I-FAAST がはるかに勝っています。 Windows XP を搭載したコンピュータの layout.ini ファイルをご覧になると、ブート最適化の動作がよく分かります。

I-FAAST はデフラグツールの定番といえます。ディスクアクセス(ファイルの読み取り/書き込み)を高速化します。私が知る限り I-FAAST に匹敵する製品は他にありませんが、その効果はすでに実証されており、ユーザーが実際に体感できます。I-FAAST は論理的な推論ではなく、ファイルシステムの科学に基づいています。スタンリー・トッチが書いたSFパニック作品「ザ・コア (The Core)」に登場する主人公とは違います。科学は決して空想ではありません。


これは Diskeeper Corporation による記事を翻訳したものです。

Diskeeper

Undelete

総合案内

最新Windows OS 対応情報
Soheiダイレクト: 相栄電器 直販ストア
SOHEIメールマガジン購読登録へ
Condusiv Technologies
相栄電器株式会社

プロダクト