TOP > ソフトウェア事業部 > 技術資料 >

IntelliWrite(断片化防止機能)の最新ストレージにおける検証


IntelliWrite(断片化防止機能)の最新ストレージにおける検証

IntelliWrite

IntelliWriteテクノロジーはDiskeeper 2010 で搭載以来、現在も世界中の何百万ものシステムを最適化しています。この機能はWindows環境において最適化された(≒後から追加のデータ移動を必要としない)初回書き込みを提供します。これを換言するとすると真の断片化「防止」機能ということになります。

SANやVMで断片化対策はいらないのか?

パートナー興味深いことに、我々はIntelliWriteがモダンストレージテクノロジーにどう追従しているのか聞かれることがあります。
「最新のSANストレージは自身を最適化する機能を有していないのですか?」
「本当に我々のVMに必要なのですか?わかってると思いますが、物理的なハードディスクではないんですよ?」

あるいは以下のようなものです。

「SANストレージでホストされているVMにデフラグは必要ない!」

Windows のディスクI/Oを最適化するにあたり考慮せねばならないこと

ここにいたって、貴社のインフラでI/Oを最適化するにあたり考慮せねばならない要素があります。

IntelliWriteはWindowsの「ベストフィット」ファイル書き込み手法を改善することにより、リアルタイムに断片化を防止します。これは一切の(追加の)データ移動伴わないため、SANの重複除外ソリューションや、種々のコピーオンライトを利用したソリューションとの間に互換性の心配がありません

「5分でわかる!ベストパフォーマンスSAN環境」を読む»

最新のストレージにおけるIntelliWriteテスト

我々は最新のストレージにおけるIntelliWriteの有用性を検証するために、顧客と共に検証を行いました。この顧客のSANは導入して1年未満の新しいもので、なおかつ主要なSANメーカーの製品です。

テストにおいてはSANストレージに接続したVM上に構築したテストボリュームで同一のワークロードの実行(3回)を3セット繰り返し、IntelliWriteを使用している状態と無効にしてある状態を比較しました。
比較項目は以下のとおりです。

結果の概要

前段に上げたような疑問を少しでもお持ちであれば是非IntelliWriteをご自身で評価してみてください。更に言えばグラフは最新のハードウェアでのテスト結果であり、より古いストレージ機器ではさらなるアプリケーションパフォーマンスの改善がIntelliWriteによる最適化へのちょっとした投資で実現できるのです。

Diskeeper Server か V-locity の無料試用版をダウンロードして、今すぐサーバーの最適化を体験してください。»

企業での導入に関するお問合せ

ボリュームライセンス導入のご相談や、機能のお問い合わせにつきましては、下記お問い合わせフォームをご利用ください。

https://www.sohei.co.jp/software/que.html

Diskeeper

Undelete

総合案内

最新Windows OS 対応情報
Soheiダイレクト: 相栄電器 直販ストア
SOHEIメールマガジン購読登録へ
Condusiv Technologies
相栄電器株式会社

プロダクト