space
TOP > 電子機器事業部>ロー付け加工>直流接点板補修

新規接点板製作や、接点貼り替えによるコンタクター用直流接点板の補修・修理・リニューアルを承ります。直流系コンタクターは、設備のインバーター化や一部メーカーの生産中止などにより、交換部品の入手が難しくなってきております。弊社では、使用済みの直流用接点板を活かし、接触部分をロー付け加工で貼り替えることにより、リーズナブルで十分使用可能な交換用部品としてお返しすることができます。一度お見積をご依頼ください。
なお、接点板の大きさや材質、状態(特に接点板の変形や傷み具合)によっては、補修・修理・リニューアルができない場合もありますが、新規での直流接点板製作も承りますので、一度ご相談ください。
東芝、日立、三菱、安川などの入手困難な直流接点板【コンタクト部品】については、これまで廃棄費用を掛けて処分していた部品を、再利用する方法として、ぜひご検討ください。







直流接点板購入をご検討されている皆様へ
今ご購入されているメンテナンス用接点板について、お困りのことはありませんでしょうか。弊社では次のような問題点の解決に貢献したいと考えております。多くのお客様へお届けしてきた実績のもと、十分使用可能な部品をお届けいたします。
 ・電機メーカー製コンタクターユニットの生産中止で、純正の接点板が購入できない。
 ・新品の接点板が非常に高額なため、少しでもメンテナンス費用を抑えたい。
 ・製作を依頼しても、依頼するたびに形状が異なる。
 ・使用済みの部品の廃棄費用がばかにならない。
部品単価や古い部品の廃棄費用削減などのコストメリットにより、限られた設備メンテナンスコストに少しでも貢献できればと考えております。
<<交換済みの部品は廃棄せずに保管いただくことが必要です。>>
※ご注意点
接点リニューアルは、部品そのものを数回にわたって、高温まで加熱する『ロー付け加工』を用いて行います。接点板に多用されているものは、銅や銅合金ですが、加熱すると焼きなましとなる場合があるため、接点板の大きさや材質、状態などにより、現品確認の際に補修をお断りする場合があります。その際には、新規部品製作でのご提案をさせていただく場合があります。


補修不可の品物

現物合わせで新品を製作

加工の流れ


補 修 前

完 成 品

First Step~外観の確認~

外観を確認し、強度を含めて
補修可能かどうかを
チェックします。
【割れや過度な摩耗、変形等の有無】
この段階で見積をご案内します。

Second Step~メッキなどの剥離~

ご注文後に
古いメッキや汚れを剥離します。
【地金の状態を最終チェック】
リニューアル可能かどうかを
チェックします。

Third Step~古い接点の剥がしと新しい接点のロー付け~

摩耗した古い接触部分を剥がし、
新しい接点をロー付けで
貼り付けます。
部品により後加工もあります。

Forth Step~表面処理【Agメッキなど】~

おもに、Agメッキなどの
表面処理を行います。
【行わない場合もあります。】
space

space

境界線